2007年01月04日

仮定法

次の空所に入れる最も適切なものを1つ選びなさい。

If Kyoko had taken his advice, she (  ) happier now.

1.can be    2. may be    3.will have been    4.would be





解答・解説
  4

これは仮定法の問題で、「ねじれ」などと呼ばれるものですね。
仮定法というのは、現実ではないことを言う表現法なので、時制をずらすわけですね。基本は、
1.過去の事柄に対する仮定「〜だったら、…だっただろう
  If S had 過去分詞 〜、S'助動詞の過去形 have 過去分詞

2.現在の事柄に対する仮定「(今)〜なら、…だろう
  If S 動詞の過去形 〜、S'助動詞の過去形 V

ですね。

ところが、「過去に〜だったら、今は…だろう」という言い方もしますから、1と2の混ざった形 (ねじれ)

If S had 過去分詞 〜、S'助動詞の過去形 V …

という形もあるんですよね。

今回の問題は、この「ねじれ」です。

If Kyoko had taken his advice,「京子が彼のアドバイスに従っていたら
she ( ) happier now.「今はもっと幸せ(   )」

という意味ですから、(   )内には「助動詞の過去形+V」の4.would be を入れると正解になるわけです。

京都産業大学 2004
【関連する記事】
posted by zero at 12:06| Comment(26) | TrackBack(0) | 京都産業大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

形容詞

次の空所に入れる最も適切なものを1つ選びなし。

That was the most (  ) movie I have ever seen.

1.afraid    2.frightening    3.horror    4.shocked





解答・解説
  2

問題文の意味は「あれは私が今までに見た最も(  )な映画だった」です。

1.afraid は「〜がこわい、〜を恐れる、〜のことを心配する」という意味を表す形容詞です。意味だけで考えると(  )内に入れて「最もこわい映画」となりますから、よさそうなんですが、ひっかけなんですよね。afraid は名詞を修飾できない、つまり afraid movie という言い方は出来ない単語ですよね。I am afraid of dogs. I am afraid that it is wrong. という使い方をします。afraid の使い方は入試で、頻出ですね。

2.frightening は「ぎょっとさせる、ぞっとさせる、こわがらせる」という意味の形容詞です。動詞の frighten「〜をぎょっとさせる、〜をこわがらせる」に ing がついたものですね。( )に入れると「最もぎょっとさせる映画」となり、文脈に合います。これが正解ですね。

3.horror は「恐怖、恐ろしさ」という名詞です。horror movie「ホラー映画」という言い方をしますから、これを選んだ方もいるでしょう。どうして、この問題で horror を選べないかというと、( )の前に the most という副詞があるからです。副詞というのは、基本的に名詞は修飾せず、形容詞・副詞・動詞などを修飾するわけですね。ですから、the most のあとにある( )内には、形容詞や副詞が欲しいんですね。horror は名詞なので、駄目なんですね。

4.shocked は「ショックを受けた、びっくりした」という意味で、動詞の shock に ed がついて、受身的な意味を表す形容詞になったものですね。( )の中に入れると「最もショックを受けた映画」となり、よさそうに思えます。しかし、駄目なんですよね。どうしてか?

これは、基本に

The movie shocks me.     その映画は私にショックを与える。
I am shocked by the movie.  私はその映画にショックを与えられる。

の2つの文があるんです。

the movie が「誰かにショックを与える時」には、shock という原形になっています。しかし「人がショックを受ける時」には、shocked という受身の形になっていますよね。shock という動詞が「〜にショックを与える」という意味を表すからですね。

shock の形容詞、shocking と shocked と使うときには注意が必要で、shocking は「周りの人などにショックを与える」という場合、shocked は「自分がショックを受ける」という場合に使用するんですね。

今回の問題では、That is the most (  ) movie 〜. であり、主語が That = movie なんですよね。映画がショックを与えるのか、それとも受けるのかで考えなければならないということです。どうですか? そうですね、映画は「私にショックを与えるもの」ですよね。ということは、shocking でなければならないんですけど、選択肢で与えられているのは shocked「自分がショックを受ける」なので、駄目だという事ですね。


このように、動詞から生まれた形容詞、〜ing 〜ed の使い分けでは、

〜ing:周りに〜を与える、周りを〜にする、周りをそういう状況にさせる
〜ed:自分が〜を与えられる、自分が〜になる、自分がそういう状況になる

ことをしっかり理解し、頭に入れておきましょう。試験に出ますよ。

正解の2.frightening は、〜ing で「周りをぎょっとさせる」という意味になっていますよね。

京都産業大学 2004
posted by zero at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都産業大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基本文法

次の空所に入れる最も適切なものを1つ選びなさい。

The newspaper (   ) be delivered by 7 o'clock in the morning. Otherwise, I can't read it.

1. could    2.might    3.should    4.would




解答・解説
  3

上の文の意味は「新聞は朝7時までに配達される(  )。さもなければ、私は新聞を読めない」です。

1の could「できた」ではおかしいですし、2の might 「かもしれない、かもしれなかった」でもおかしいですね。3の should「べきだ」なら文脈に合います。4の would「だろう、だっただろう」もおかしいですね。

should を選ぶという、助動詞の基本問題ですね。otherwiseさもなければ」という副詞をしっかり覚えておきましょう。

京都産業大学 2004
posted by zero at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都産業大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

基本動詞問題

次の英文の空所を補うのに最も適当なものを下記の語群から1つ選びなさい。

The sailors could not (   1  ) out the shore through the fog.

a. come     b. make     c. put    d. run





「解答・解説」
 b

make out で「〜を見(聞き)分ける」という大切な熟語ですね。

「船員たちは、霧のために海岸を見分けられなかった(海岸線が見えなかった)」
というのが英文の意味ですね。

come out「〜が出る」 put out「電灯・火などを消す」 run out「〜が尽きる、〜がなくなる」もすべて頻出事項ですから、押さえておきたいですね。


関西学院大・経済学部・2004

posted by zero at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西学院大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。